1. HOME
  2. ブログ
  3. 愛妻のドレスアップ姿を見たいのなら、フォトウェディングはいかがでしょう

愛妻のドレスアップ姿を見たいのなら、フォトウェディングはいかがでしょう

 

こんにちは。

Web担当 高橋です。

 

先日テレビを見ていたら、

俳優の唐沢寿明さんが

「新婚旅行はしていないし、

結婚式もしていないし、

指輪とかもない」

と言っているのを聞いてビックリしました。

 

「え!?そうだったの?」

 

と。

 

確かに結婚式や披露宴をしていないような

印象が残っていましたが、

指輪とかもないとは知りませんでした。

 

奥様の山口智子さんが、

そういうことにまったくこだわりが

ないとのこと。

 

唐沢さん自身も、「気持ちが大事」

ということでそれらの事にこだわりは

ないようです。

 

そんな唐沢さんが最近動揺したのが、

いずれは山口さんとふたりで

同じお墓に入るんだろうなぁと

漠然と思っていたのに、

その話題になったときに、

山口さんは「散骨して欲しい」と

言ったことだそうです。

 

この一連のトークを聞いて、

意外と男性の方がロマンチストで、

こだわりなどを持っているのかも?

なんて思ってしまいました。

 

 

 

 

世の中では、

結婚式や衣装など、

女性の方がこだわりを持っていて、

着たいと思っているものと

考えられている印象があります。

 

でも夫の方が妻に婚礼衣装を着せたい、

着てもらいたいという

望みを持っているカップルも

実は多いのかもしれませんね。

 

 

しかし、妻から「着なくていい」と

言われてしまうと、

内心では、結婚衣装を着てもらいたいと

思いつつも、

それ以上は強くすすめられないものなのかも。

 

 

そして結婚のお祝いや区切りとして

婚礼衣装を着てもらいたいと

思っている人は他にもいるはず。

 

そう、ご両親たちです。

 

最近は、ナシ婚が増えていますが、

大がかりとなる挙式披露宴はともかく、

小規模に家族だけでの挙式や

ハレの衣装を着た姿を見たいという

親心はなくなっていないと思います。

 

結婚式場などでも、

家族だけでの少人数での挙式と

お食事の席のプランが増えてきているようです。

 

 

ということで、

愛する妻のドレスアップした姿を

ぜひ見たいけれど、

強くすすめることができずにいる

夫のみなさま。

 

親孝行も口実に、

奥様を説得してみてはどうでしょうか。

 

もちろん自分がドレスアップした姿を

見たいんだという気持ちも

隠さずにちゃんと伝えてくださいね。

 

妻である女性の方も、

愛する夫の希望です。

気持ちよく叶えてあげるのは、

いかがでしょう。

 

 

 

 

もちろん「ナシ婚」を

選択するのだってアリです。

 

どちらかが、

晴れ姿を見たい、残したい。

という想いを持っているのならば、

それを叶えておく方が

のちのち後悔がのこらないので

ないかな?とも思うのです。

 

 

 

そんな時には、

フォトウェディングが

おすすめです。

 

阿部写真館なら、

衣装とヘアメイク、

プロのカメラマンの撮影がセットになった

プランで

税別¥40,000から。

 

選ぶ衣装によって

追加料金がかかる場合がよくありますが、

当館では追加料金をいただくことはないので、

金額を気にせずに好きな衣装を

選んでいただくことができます。

 

 

 

 

 

 

また、二人だけで撮影した写真を

ご両親にプレゼントするのが

定番のパターンかと思いますが、

お近くにお住まいの場合など、

可能ならば

撮影を見に来てもらうことも

阿部写真館なら可能です。

 

 

さらには、

撮影に参加してもらうことも

出来ますから、

フォトウェディング一緒に

家族写真の撮影もすることが

できますよ。

 

阿部写真館では撮影に参加する人数が

増えることによる追加料金はいただきません。

 

でも、衣装レンタルやヘアメイクは

主役のお二人だけとなりますので、

他のかたはご自身での

用意をお願いしています。

 

 

 

ご両親、ご家庭の考え方によって

違いはあるのでしょうが、

結婚に関してのお二人の選択を

尊重していても、

「定番の結婚写真」というものを

残せると安心してくれるものだと思います。

 

 

写真を残すことで、

何かの折に見返した時、

その時の想いや気持ち、

情景などを

思い出すきっかけにもなります。

 

ご両親も、

時折、お二人の幸せいっぱいの写真が

お手元にあるのは、

嬉しい事なのではないかと思います。

 

 

 

今、この瞬間の幸せを写真でお手元に残しませんか