1. HOME
  2. ブログ
  3. フォトウェディング後に「京の七夕」デートで思い出に残る1日に

フォトウェディング後に「京の七夕」デートで思い出に残る1日に

遅い梅雨入りの近畿地方でしたが、

思ったよりもはやく梅雨が明けたなぁ…

と思っている

Web担当 高橋です。

 

いよいよ暑い夏本番がやってきますね。

 

8月に入ると京都では、

新たな夏の風物詩として定着した

「京の七夕」が開催されます。

 

京都のいくつかのエリアで開催されるのですが、

私たち阿部写真館のある祇園のすぐ近くでも

「鴨川エリア」ということで、

七夕をテーマとした演出や

催し物が行われる予定となっています。

 

 

真夏の行事ということで、

ライトアップなど夜に行われるものが

ほとんどですが、

各所に全国から送られてきた願い事のかかれた

短冊や七夕飾りが

飾り付けられます。

 

みなさん、短冊に願いを書くなら

どんな願いを書きますか?

 

 

私は、やっぱり

「夫や子ども達と一緒に幸せ過ごせますように!」

かな。

 

新婚さんやこれから結婚を予定しているお二人なら、

「二人ずっと仲良く暮らせますように♡」

といった感じなのかしら?

 

せっかくの機会ですから、

お星さまに願いを叶えてもらいましょう♪

 

 

 

 

短冊の付けられた笹飾りが

風にたなびく様子は

七夕ならではの風景ですよね。

しかも、たくさんの人の願いをのせていると思うと

なんだかロマンチックな気がしませんか。

 

 

暑いので、化粧崩れや体調が気になる所ですが、

阿部写真館のスタジオから近いので、

思い切ってロケーション撮影での

フォトウェディングでの演出につかっても

ステキな想い出になりそうですよね。

 

 

とはいっても、京都の夏はものすごく暑い!

やっぱり和装のロケーション撮影は不安、

となりますよね。

 

それなら、和装でも快適に撮影のできる

空調が効いた涼しいスタジオで

フォトウェディングをして、

その帰りに「京の七夕」を楽しむのは

いかがでしょうか?

 

施設によっては、

和装やゆかたの人への特典を用意しているそうなので、

撮影の後は、ゆかたデートがおすすめですよ。

 

 

ちなみに祇園会館店の近くの鴨川会場は、

8月3、4日限定ではありますが、

 

「風鈴灯」

竹かごに風鈴を入れ、LEDで灯りをともしたもの

 

「五色の願い」

七夕短冊に使われる五色(赤・青・緑・黄・白)に

照らされた笹竹のイルミネーション

 

などの演出が行われるようです。

 

特設ステージでのイベントや

全国物産即売コーナーなどの

様々なブースが設置される

「鴨川納涼祭2019」も同じ日程での

開催予定なので、

そちらも楽しみですね。

 

 

少し足を延ばした二条城では、

8月1日~15日の日程で、

ライトアップなどが予定されています。

 

なんといってもメインは、

二之丸御殿に映し出される

プロジェクションマッピングでしょうか。

「百鬼夜行」がテーマとということです。

 

「二之丸庭園」「清流園」や

「二之丸御殿唐門」「東大手門」も

ライトアップされるという事で、

いつもとは違った庭園や門の雰囲気を

楽しめそうですね。

 

友禅柄のメッセージ行燈も場内に並べられ、

もちろん七夕飾りもライトアップされて、

いつもにはない幻想的な雰囲気を楽しめそうです。

 

こちらのエリアでも

「京の名産品展」やワークショップなどの

催しが企画されています。

 

 

 

「京の七夕」は他にも

「堀川エリア」

「北野紙屋川エリア」

「梅小路エリア」

「宮津市エリア」で

開催されます。

 

フォトウェディング後に

七夕デートしていこうかな?

と気になった方は、

チェックしてみてくださいね。

 

参考:

http://www.kyoto-tanabata.jp/

 

 

 

 

もちろんフォトウェディングの帰りだけでなく、

普通のデートにもおすすめですし、

阿部写真館での打合せの帰りに…

なんていうのもいいですね。

 

 

和装でロケーション撮影をしたいから、

秋の撮影を予定している方、

阿部写真館を候補に入れて頂いているのなら、

下見がてら、

夏の京都で夕涼みするのもおすすめですよ。

 

今回紹介した「京の七夕」の関連イベントの他にも、

お盆関連の送り火や灯籠流しなど

様々な行事が予定されています。

 

 

衣装やスタジオの下見希望のご連絡もお待ちしています♪