1. HOME
  2. ブログ
  3. 婚約指輪や結婚指輪の定番素材とは?

婚約指輪や結婚指輪の定番素材とは?

こんにちは、Web担当の君塚です。

 

婚約指輪や結婚指輪の素材には

どのようなものが使われるのでしょうか。

 

婚約指輪や結婚指輪は

見た目の美しさも重要ですが、

長年使うものなので、

変質や変色しにくい素材が

適しています。

 

また、中には金属アレルギーの人もいるので、

素材選びには注意が必要です。

 

 

金属は汗がつくと溶けだしますが、

この溶けた金属に反応して

かゆみが出たり赤く腫れたりするのが

金属アレルギーです。

 

プラチナは強度補正のために

パラジウムを加えたり、

ホワイトゴールドにニッケルを

加えたりしますが、

このために金属アレルギーが

出る場合もあります。

 

ちなみに、汗で溶けだしにくく、

金属アレルギーが起こりにくい

素材はチタン、ジルコニウム、

イリジウムなどです。

 

 

 

 

婚約指輪には宝石を使う場合が多いので、

指輪の素材は宝石に合うものを

選んだほうがいいでしょう。

 

たとえば、プラチナや

ゴールドのリングなら宝石も映えます。

 

このため、プラチナやゴールドは

婚約指輪の定番素材と言ってもいいでしょう。

 

しかし、これまでプラチナや

ゴールドが使われることが多かったから

定番となったともいえるのですが、

他の素材を使っては

いけないわけではありません。

 

別の素材を使って個性的な

婚約指輪を作るのも十分アリでしょう。

 

 

プラチナやゴールドでは値段が張るので、

もっとリーズナブルな婚約指輪も作れるし、

素材を安くした分宝石を

ワンランク上にすることもできます。

 

こんなふうにいろいろ考えれば、

定番にこだわらず自分たちだけの

オリジナルな婚約指輪を

作ることも可能です。

 

 

 

結婚指輪は常にはめるものですから、

変形や変色しにくいものを選ぶ必要があります。

 

また、指輪は長年はめているうちに、

サイズ直しが必要になることもあります。

 

そのため、サイズ直しができる素材や

デザインであることが、

結婚指輪選びのポイントの

ひとつになります。

 

素材によってサイズ直しが

できないものがありますが、

デザインが凝っているものだと、

サイズ直しが可能な素材でも

無理な場合もあります。

 

結婚指輪を購入する際は、

このようにいろんな点を考慮して

決めるといいでしょう。

 

 

結婚指輪にプラチナや

ゴールドを使うこともできますが、

そのまま使ったのでは素材が柔らかいので、

他の金属を混ぜて強度を高めた

素材を使うのがおすすめです。

 

結婚指輪は仕事や家事で

傷がつくことがあるため、

どちらかというと

硬い素材のほうが適しています。

 

そのため、結婚指輪には

ピンクゴールド、チタン、

イリジウムのような硬い素材が

使われることが多いようです。

 

 

 

 

また、結婚指輪を選ぶ際は

変色しにくいことも

重視すべきでしょう。

 

変色しにくい素材には、

プラチナ、チタン、ジルコニウム、

パラジウムなどがあります。

 

これらの素材は汗や化粧品

などがついても変色しにくいので、

結婚指輪に適した素材です。

 

逆に変色しやすいのは、

ピンクゴールドやホワイトゴールドです。

 

使っているうちにだんだん劣化していくので、

結婚指輪にはあまり向いていません。

 

 

婚約指輪も結婚指輪も、

サイズ直しがしやすいことを

念頭において素材選びを

したほうが後々のためになります。

 

また、購入する際は、

サイズ直しを無料でやってくれるかどうかも

確認しておきたいですね。

 

できれば、無料で直してくれる

お店で購入するのがイチバンです。

 

ちなみに、プラチナは硬い素材ですが、

サイズ直しがしやすいので、

多くのブランドで直しを受け付けています。

 

ただし、ピンクゴールドやチタンは

プラチナよりも硬いので、

サイズ直しをしてもらえないこともあります。

 

 

結婚式の準備はいろいろと

大変なことが多いものですが、

婚約指輪と結婚指輪を

選ぶだけでもこんなに大変なんですね。

 

 

ふたりで大切に選んだ指輪とともにフォトウェディングしませんか?