冬の和装、足元の防寒対策はどうする?

投稿日:

 

 

いよいよ年の瀬を感じる時期になってきました。

 

Web担当 高橋の娘は、

新年 三が日は、近所の神社で巫女さんの

おつとめをさせて頂けることになり、

本人はとても楽しみにしています。

 

あの、巫女さんの袴姿が憧れなのだそう。

 

本人は、のんきに楽しみにしていますが、

母としては、ほぼ一日屋外でのおつとめとなるので、

防寒対策が心配。

 

 

ヒートテックなどの着用がOKとのことなので、

ちょっと安心ですが、

足元の防寒はどうしようか?と思案中です。

 

 

冬場、和装ロケでのフォトウェディングを検討中の方も

防寒対策は気になるところのはず。

 

 

 

私だけでしょうか。

ゴワゴワした生地の足袋は、

動きにくいし、寒い時には冷たいというイメージがあります。

 

 

そこで調べてみると

昔と違い、いろいろな機能性素材があることもあり、

足袋も暖かさ・快適さを追及したものが見つかりました。

 

 

 

 

伸縮性のあるストレッチ素材のもの。

内側が起毛のネル素材のもの。

内側にマイクロフリースを使い2重となっているもの。

内側がボアになっているもの。

 

厚手があるモコモコとした生地ほど暖かいですが、

草履をはくときには注意が必要です。

なぜなら厚みがあるので当然、

普通の足袋の時よりも鼻緒がキツくなります。

キツいということは擦りキズを作らないように

注意が必要ということ。

 

そして何よりも、防寒生地を使った足袋は値段もお高め。

普段から着物を着る機会の多い人ならば、

買う価値はあると思いますが、

ほんの数回利用するには、ちょっと考えてしまいます。

 

 

 

他にお手頃なものはないかと探していくと、

足袋インナーというものを見つけました。

 

いろいろなメーカーさんから商品が出ていますが、

東レの「ヒート+ふぃっと」という商品が人気のようです。

ソフトサーモ糸で発熱・保温・静電気防止の機能をもっているそう。

 

薄くてストレッチも聞いているので、

足袋と重ね履きしても気にならないし、快適とのこと。

京都の舞妓さんたちにも愛用者が多いようですよ。

 

足袋と同じくるぶしだけの物だけでなく、

ハイソックス丈のものもあり、

価格も1000円未満。

 

足袋着用の時だけでなく、

普段の靴下の重ね履きにも使えるので、これは良さそう。

 

つま先が足袋タイプのパンストもあります。

腰回りまでカバーしたい!という人には

これが良いかも知れませんね。

 

寒がりさんは、足袋インナーと組み合わせるのも

アリじゃないでしょうか。

 

 

さらに、防寒対策グッズではないのですが、

足袋カバーというものもあります。

 

伸縮性のあるストレッチ生地で作られていて、

足袋の上から重ね履きするものです。

 

足袋は足首からかかと部分を、

「こはぜ」と呼ばれる金具で留めますが、

足袋カバーは靴下のように履けばOK。

 

足袋ほどお値段も高くなく、

ワンポイントの刺繍が入っていたり、

柄のプリントされたものがあったりするので、

真っ白な普通の足袋しか持っていなくても、

手軽にイメチェンができますね。

 

それに、私の経験ですが、

ずっと使わずにしまっていた足袋が黄ばんでしまったり、

転々とシミが出来てしまたりで、

もったいないと思いつつ処分したことがあります。

 

そんな時、足袋カバーがあれば、

ほんのちょっとしか履いていなかった足袋を

捨てずに使えたんじゃないかと思います。

 

 

 

さらに寒い時期にインナーも併せて、

足袋と3枚重ねで履けば更に防寒対策になりそうですね。

 

 

他にも別珍素材の足袋が暖かそうです。

ただ表面が別珍となっているので、

ちょっとカジュアルな感じになってしまうかも。

 

別珍素材の足袋は、カラーバリエーションが豊富なので、

着物の着こなしの差し色としても楽しめそうですね。

 

 

こうやって調べてみると、

普段、着物を着る機会のない人は、

足袋インナーが足袋を履かない時にも活用できて、

一番良さそうな感じがします。

 

 

 

花嫁衣裳をはじめとして、

和装レンタルを利用する場合、

肌じゅばんや足袋など直接肌に触れるものは、

借りることができず、自分で用意する必要がある場合がほとんどです。

 

私たち阿部写真館でも、

和装でのフォトウェディングの場合には、

足袋と肌着はご準備いただくようお願いをしています。

 

今回は足袋などの足元の防寒対策をお伝えしましたが、

寒い冬のロケーション撮影で心配事がありましたら、

遠慮なくスタッフにご相談くださいね。

 

 

観光客の少なくなる冬の京都でフォトウェディングをしませんか?

Copyright© 京都でフォトウェディング・着物撮影なら阿部写真館 祇園会館店 , 2020 All Rights Reserved.