春到来間近!花嫁にぴったりな結婚式にしてほしい

 

春はもうすぐ…

と気分が浮き立つ中、花粉症との

闘いも間近に迫っています。

 

手持ちのマスクが少なくなる中、

花粉対策にドキドキしている

WEB担当の堤です。

 

春は待ち遠しくもあり、

ドキドキする時期でもありますね。

 

寒い時期を乗り越え、

これから結婚準備を!と考えている

カップルの方も多いことでしょう。

 

ドキドキだけでなく、ウキウキした気持ちも

加わる春は、やはり楽しみな季節です。

 

けれど…

寒い時期はとにかく色々「ため込みがち」。

 

おいしいものがたくさんあり、

イベントもたくさんあり、

運動量も減って、

「ため込みがち」ボディを気にされている

女性も多いことかと思います。

 

「ぽっちゃり」も女性らしくてかわいいのですが、

いざ結婚準備や結婚式となると…

このままではいけない!

という気持ちになるのは深く共感します。

 

それでも、結婚を控えたおふたりにとって

「春」がもうすぐならば、

やはり何とかしなくてはいけませんね。

 

あまりおすすめできないのは、

結婚式に向けての急激なダイエットです。

 

激しすぎる運動や過度な食事制限のダイエットは、

やつれた印象になり、肌のハリを失わせます。

 

適度なダイエットによって「すっきり」した

印象になるなら応援したいのですが、

一生に一度の結婚式に頑張りすぎてしまう方が

いるのも事実です。

 

体形の変化も大切だとは思いますが、

無理をしないでカバーできる方法もあることを

春に向けてぜひ知っておいてください。

 

 

まずは、無理せず人の手を借りることです。

 

ブライダルエステは「痩身」専用ではありませんが、

集中コースがある場合もあります。

 

ただ、体重が落ちなくても、焦りは禁物です。

 

メリハリができたり、むくみがとれたり、

肌がイキイキしてきたりするので、

花嫁の「美しさ」はアップしていることが多いです。

 

リラックスしながら「美しさ」を追求するのもアリですよ。

 

次に、ヘアメイクははっきりさせた方が

何かとカバー力を発揮します。

 

メイクは少しだけ明るめに華やかにしてみると

多くの人の視線はまず顔に向かいます。

 

また、ヘアスタイルは「何かを隠す」という

意識を捨てて、アップスタイルにした方が

「すっきり」した印象を与えることができます。

 

結婚式の主役のひとりは花嫁ですから、

明るくすっきり上の方へ視線を集めましょう。

 

 

最後は衣装選びです。

 

体形を隠すためにダボダボのウェディングドレス

にする必要はありません。

 

隠すよりはカバーできる衣装選びが

「ぴったりくる」花嫁衣裳です。

 

ウェディングドレスは上半身の方が

露出が多いので、

ネックラインとデザインでカバーしましょう。

 

Aラインやプリンセスライン、エンパイアライン

であれば、上半身が締まって見えます。

 

さらに二の腕や背中が気になって

隠すネックラインにすると、逆に「パツパツ」な

印象を与えることになります。

 

ノースリーブやオフショルダーにして、

敢えて「出す」ことによって

ふんわりと肩下ぐらいのベールを

かけることでカバーしましょう。

 

ふんわりは優しい印象を与えるので、

幸せなおふたりの1日にぴったりです。

 

さらにおすすめできる花嫁衣裳は、

白無垢や色打掛などの和装衣裳です。

 

和装は着ぶくれしない?

白無垢はもっと膨張して見えない?

 

というお気持ちはわかりますが、

伝統的な和装は、体型問わず着やすく

作られています。

 

白無垢にしろ、色打掛にしろ、

打掛を「羽織る」スタイルなので、

調整が色々と可能なのです。

 

打掛の生地を薄手のものを、

白無垢では袖口や襟元に色付きのものを、

色打掛の色を濃い目のものにする、

このような衣装の選択でメリハリをつけると

カバー力があがります。

 

 

春到来でも焦らず、対策をするものと、

相談をしてカバー力を上げるのと、

両輪で結婚式をお迎えください。

 

阿部写真館 祇園会館店は、

ぴったりな衣装選びだけでなく、

「叶えたい結婚式」をトータルでサポートします。

 

洋装衣装はもちろん、和装衣装には特に

力を入れていますので、ぜひ一度ご覧ください。

 

☆洋装でも和装でもおふたりにぴったりなスタイルで結婚式を挙げましょう☆

 

© 2020 京都でフォトウェディング・着物撮影なら阿部写真館 祇園会館店