周囲を気にせず「挙げたい」結婚式をどうぞ

「桜が咲いているよ!」

と言われて即座に答えられませんでした。

 

「暖冬だからもう咲いている?」

そんなことが思い浮かびます。

 

落ち着いて、早咲きの桜も品種としてありますが、

息子が指をさしているのは「梅」です。

 

この時期は「桃」もあるので見分けまでに

時間がかかる、WEB担当の堤です。

 

 

梅、桃、桜と春を象徴する花が咲き誇る

時期になってきました。

 

おふたりのご結婚日和ですね、

という日も増えてくるのも春です。

 

けれど、今年はなかなか「この日に結婚式を!」

という風に決められない状況でもあります。

 

・いずれ感謝を伝える結婚式はするけれど…

・この年であるという思い出に結婚式はやめて違うことを

・結婚式は元々するつもりはなかった

 

結婚を迎えるおふたりの希望や事情は様々です。

 

こういった時期だからこそ!

結婚式の前撮りや写真だけの結婚式はいかがでしょうか。

 

ふたりだけの結婚写真ならば、

日程やウイルスも気にせず

記念となる撮影が可能だと思いますよ。

 

結婚式はしなくていい

親や祖父母のために写真だけは残す

 

と考えられる新郎新婦も増えてきました。

 

けれど…お話を伺ってみると

「ウェディングドレスとカラードレス両方着たい」

「ウェディングドレスもいいけど白無垢も捨てがたい」

「できれば色々着てみたい!」

「このタイミングじゃないと着れないかもしれない」

「結婚式は2着ぐらいしか着れないから…」

婚礼衣装に対しては積極的な方は多いのです。

 

特に新婦は花嫁衣裳に憧れがあるのかもしれませんね。

 

だからこそ、結婚式の前撮り撮影や

写真だけの結婚式の人気が上がっているのでしょうか。

 

 

どちらも「着られる」写真だけの結婚式

周囲を気にせず「挙げたい」日に撮影可能

ふたりだけの非日常からきちんとした結婚写真まで

 

阿部写真館のフォトウェディングならば、

記念としておふたりに寄り添う撮影が可能です。

 

 

・着てみたい衣装は何着ありますか

通常の結婚式では予算や時間が気になってしまい、

なかなか「要望」を言いづらい場面も。

 

フォトウェディングはまずはどんな衣装を

着てみたいか伝えてみてほしいのです。

 

その上で着数で見積もりを出すなど

柔軟に対応できます。

 

しかも!

ドレスも和装も「ランク分け」ありません。

 

どの衣装を選んでも予算の変動はないので、

安心して着てみたいイメージで選んで

もらえると思います。

 

ウェディングドレス、カラードレス、

白無垢、色打掛

実際に見てもらいながら相談できるので、

安心して打合せすることができます。

 

・スムーズに進める「プロ」がいます

最近では、せっかくなので和装も洋装もと

希望される方が増えています。

できれば和装を両方着たいという方も。

 

和装と洋装では衣装の内容が全く違いますし、

白無垢と色打掛も下着以外は衣装替えという

場合もあります。

 

衣装変更と着付けの「プロ」にお願いすることは

もちろんですが、スムーズに撮影に入ることができる

順番なども考えてプランを組み立てます。

 

さらに、ヘアメイクもひと工夫。

 

事前にイメージの打ち合わせは必須ですが、

どんな衣装を何着、どの順番で、ということを

考えて新郎新婦へ提案することができます。

 

和装であっても「洋髪」にしたり、

「前髪」の上げ下げで衣装と調和を図ったり、

全体の内容と時間とを調整する役割もできます。

 

 

ひとつひとつの撮影や衣装を大切にする

スムーズに撮影が勧められるようにする

おふたりには撮影を楽しんでもらう

 

阿部写真館 京都祇園会館店では

和装を中心にたくさんの選んでいただける

衣装を取り揃えております。

 

 

「着ておけば良かった」という後悔が残らないよう、

安全安心なスタジオ環境の元、

多くの新郎新婦の方と撮影をさせていただきました。

 

京都らしいロケーション撮影もおすすめですが、

ゆっくりおふたりで撮影ができる

スタジオ撮影もこういった時期にご利用ください。

☆和装だけでなく洋装もおすすめですよ☆

© 2020 京都でフォトウェディング・着物撮影なら阿部写真館 祇園会館店