不安な環境の中でこそ、今後の夫婦関係がわかる!?

投稿日:

 

こんにちは。
Web担当 高橋です。

今年はスギよりもヒノキの花粉に苦しめられていて、
マスクが、まだまだ手放せません。
さらに新型コロナウィルスの感染拡大予防対策で、
花粉に悩まされなくなっても、
マスクにお世話になる毎日が続きそうです。

 

時短勤務や在宅勤務、在宅待機などで、
思いがけず、フリーの時間がいつもよりたくさんある、
という状況の方も多いかと思います。

普段なら、日常に追われてあまり深く考えないことでも、
時間があることでじっくりと向き合うことができます。
また、不安な社会状況の中、
自分や自分と関わる人との関係性について
改めて見つめなおすきっかけになるかもしれません。

 

 

 

2011年の東日本大震災の時は、
結婚が増えたと言われています。
「絆婚」という言葉を当時耳にした方も
多いのではないでしょうか。

自分が大切にしたい人はだれか?

誰と人生を歩んでいきたいのか?

誰か頼れるパートナーが欲しい

そのように考えて選んだ相手との結婚は、
「二人で不安で困難な状況を乗り越えていきたい」
という思いがベースにあるので、うまくいくそうです。

 

当時は結婚するカップルが増える一方で、
離婚するカップルも多かったそう。

この人と助け合って大変な状況を一緒に乗り切っていけるのか?

この人に一生懸命つくしていけるのか?

と、自分の気持ちを見直すことで、

今のパートナーにはそんな価値はないのでは?

これからも共に生きていこうという気持ちになれない

と考えてしまい、
離婚を選択するという結果になってしまったようです。

 

 

 

今の新型コロナウィルス感染拡大での、
社会不安、将来の不安が大きくなっている今も
当時と少し状況が似ているのかも知れません。

すでに結婚している二人なら、
健康不安や収入、将来の不安などを

二人で協力して乗り越えていこうという気持ちになれるのか。

それともお互いの苦境を助け合うことが出来ずにギスギスしてしまうのか。

改めてシビアに突きつけられることになりそうです。

 

これは、これから結婚を考えている二人にも言えそうです。

結婚準備には、いろいろと費用も掛かります。
挙式披露宴を予定しているならもちろんのこと、
新生活に向けての住居や家財道具などにもお金はかかります。
新婚旅行も計画しているケースだって多いかと思います。

外出自粛ムードで
「密閉」「密集」「密接」の三蜜を避けるよう言われている中、
当面の間、挙式披露宴を行うのは難しそうです。

また、海外はもちろんのこと国内の旅行も
できない、あるいは憚られる状況が続くと考えられます。

新生活に向けての準備もこれから予定しているのならば、
思うように進められない可能性も高いです。

予定していたことが出来ない、
スムーズに進められない…。
更には仕事がこれからどうなるのかも不安。

自分や大切な人たちの体調も気になって、
精神的に張りつめて、
ストレスの多い日が続きます。

 

 

パートナーと感情的にぶつかってしまうことが
出てくるのは当然のこと。

そのときに、
お互いを受け入れて少しずつでも前向きに進めるのか?
ぶつかり合うばかりで関係がこじれてしまうのか?
これからの二人の結婚生活を垣間見ることができるかもしれません。

はじめはぶつかることが多いかもしれません。
それは、決して珍しいことでも悪いことでもありません。
そこで相手との関係を諦めてしまわずに
二人ならではの解決の仕方を見つけられるといいなと思います。

今の大変な時期を乗り越えることが出来れば、
これからも二人で協力して人生を歩んでいけるという
自信につながるのではないでしょうか。

 

困難を乗り越えて落ち着いたけれど、
いまさら挙式披露宴するのもなぁ…。

そう思うこともあるかもしれません。

そんなときにはフォトウェディングを検討してみてください。

一緒に困難を乗り越えたお二人の晴れやかな姿を
写真に残してみませんか。

 

 

私たち阿部写真館では、
花嫁姿、花婿姿を直接見せたいご両親などに
撮影を見に来てもらうことも大歓迎です。

追加料金なしで、家族写真だって撮影できますよ。

 

 

まずはご質問・お問い合わせだけでも大歓迎です!

Copyright© 京都でフォトウェディング・着物撮影なら阿部写真館 祇園会館店 , 2020 All Rights Reserved.