エスコートカードで、挙式を盛り上げましょう!

投稿日:

こんにちは。Web担当の松村です。

結婚式に呼ばれると、テーブルの位置や

同席する相手は誰なのか気になりますよね。

 

大抵は受付が済むと席次表を渡され、

自ら席を探して座るというのが一般的な流れとなっています。

 

最近では、小人数規模の挙式が増えてきていることもあり、

席次表をつくらないというカップルもいるようです。

この場合、席次表をつくらないかわりに、

エスコートカードと呼ばれるものを用意するケースが増えてきています。

 

エスコートカードとは、

その名の通り、ゲストを席へと案内するカードのことです。

 

席次表を発注したり自作したりするよりも、

時間も費用も抑えられるという点で

好まれている演出となります。

 

 

カードに記載する基本内容は、

ゲストの名前とテーブルナンバーのみです。

テーブル内の席に自由に座ってもらうことで、

同席したゲスト同士の会話が弾むきっかけともなります。

 

どうしても座席の指定をしたいという場合は、

テーブル側に席札を用意しておくと親切です。

 

ゲストの年齢層が高めだったり、

ゲスト側の役職を重視しなければ失礼にあたる場合は、

席次表と併せて用意した方が良いでしょう。

 

挙式のテーマがナチュラルなものであれば、

造花やドライフラワー、生花を添えるのも良し、

カードの模様を木目調にするも良し、

植物や動物のシールを貼るのも素敵ですね。

 

カードのデザインだけでなく、

ウェルカムスペースにおける配置方法にもこだわってみましょう。

 

それなりに枚数が多い場合は、

50音順になるように配置をしておくと

ゲストへストレスを与えずに済みますよ。

海外では、エスコートカードに

ウェルカムドリンクやちょっとしたスイーツ、

果物を添えることが流行っているようです。

 

席についてから、式がはじまるまでの時間が

ゲストにとって退屈なものとならないよう、

軽食を添えるアイデアは良いものだと思います。

 

インスタグラムなどで検索すると、

参考になる写真が数多く見つかりますよ。

 

京都ならではの演出として、

プチギフトにもなる、よーじやのあぶらとり紙や、

鳩居堂のお香、ちりめん細工のコインケースなどと

セットにするというのはいかがでしょうか。

 

よーじやのあぶらとり紙は、

祇園店限定のおしゃれセットがお勧めです。

 

ちりめん細工のコインケースは、

ちりめん細工館の縁起コインケースや

ふくろうシリーズがお勧めです。

 

どちらもお値段が少々張りますので、

全体の予算を考えながら決めてくださいね。

 

京都祇園会館2階に店舗を構える阿部写真館には、

他店にはない、スタジオでの洋装2点プラン、

和装の2点プラン、

洋装と和装の2点プランをご用意しています。

 

スタジオ撮影ならではの特徴は、

天候に左右されることがないということと、

とにかく小道具が沢山使えることです。

 

フォトウエディングでは、

エスコートカードの出番はないのですが、

変わりにガーランドやフォトプロップスなど

手作りできる小物を取り入れられる方が多いように思います。

 

会場によっては断念せざるをえない

フラワーシャワーやライスシャワー、リボンシャワーなども

スタジオ撮影でしたら思う存分楽しめますよ!

 

市内全体が大きなスタジオのようでもある京都では、

ロケーションプランが大人気です。

 

祇園や神社、お寺だけでなく、

公園なども撮影スポットとしてお勧めできる場所が

沢山あります。

 

あいにくの天候となってしまった場合は、

お二人のご希望に添えることができるよう

日程の変更や、別ロケーションのご提案などを行っています。

夕暮れ時に行うトワイライトウエディングや、

ガーデンウエディング風の演出等も

お任せください。

 

当日の流れや衣装など、撮影に関する質問だけでなく、

近所のお勧めスポットなども、お気軽にお尋ねくださいね。

 

☆祇園会館店だけのプランは盛りだくさん!☆

 

 

Copyright© 京都でフォトウェディング・着物撮影なら阿部写真館 祇園会館店 , 2020 All Rights Reserved.