結婚祝いの品はどう選べばいい?他の人とダブらないための工夫とは

こんにちは、Web担当の君塚です。

 

結婚した夫婦に贈る

結婚祝いを選ぶのって、

意外に大変ですよね。

 

 

何でも贈ればいいわけではないので、

いろいろ知恵を絞らなければなりません。

 

 

贈るものとしては、

時計や家電製品が多いのですが、

他の人が贈るものとダブっては困ります。

 

 

 

また、新郎新婦が欲しくないものを

贈っても意味がありません。

 

 

そこで、新郎新婦に欲しいものを

聞いて贈るという方法もあります。

 

 

これが、本当に喜ばれるものを

贈る方法です。

 

 

しかし、このためには、

贈る人全員が新郎新婦に

欲しいものを聞かないと、

結局誰かの贈り物と

ダブることになるかもしれません。

 

 

でも、欲しいものを聞くことによって、

いらないものを贈ることはなくなります。

 

 

 

 

ちなみに、結婚祝いには刃物はだめだとか、

食器も割れるからだめだと言われたり、

偶数のものはだめとか

いろんなことが言われていましたが、

最近はあまり気にしない人も

増えているようです。

 

 

ただし、中には気にする人もいますので、

相手が欲しいと言わなければ、

このような「贈ってはいけない」

と言われているものは

極力避けるようにしましょう。

 

 

また、新郎新婦が勤めている会社も

場合によっては

考慮しなければなりません。

 

何かの商品を贈ったら、

それが新郎が勤める会社の

ライバル会社の製品だった

という話もあるようです。

 

 

結婚祝いを贈る時期は、

結婚式のあとでもかまいません。

 

一応、結婚式の前に贈るのが

礼儀と言われますが、

式の直前は新郎新婦とも

何かと忙しい時期なので、

避けたほうが親切とも言えそうです。

 

 

ところで、結婚祝いに贈ってはならないと

されるものがいくつかあります。

 

 

前述した刃物や食器もそうなのですが、

ハンカチも贈ってはいけないそうです。

 

 

ハンカチは漢字で「手巾」と書きますが、

これが縁を切ることを意味するので

いけないのだそうです。

 

 

でも、ここまでくると、

受験生の前で「滑る」と

言ってはいけないのと同じで、

気を遣いすぎるような気もします。

 

 

もっと自由に発想できないのかと

思ってしまうのは私だけでしょうか。

 

 

 

ただし、刃物も「道を切り開く」

と考えれば縁起がいいことになります。

 

 

こういうふうに考え方を

変えることもできますが、

贈る側が考えを変えても、

もらう側が変えなければ

意味がありません。

 

 

あくまでも、

昔からの言い伝えについて、

もらう本人たちがどう考えるかによって、

贈っていいかどうかが決まります。

 

 

しかし、結婚式って本当に

堅苦しくて窮屈なものですね。

 

 

これでは、しきたりに縛られた

結婚式を嫌う若者が多いのも

わかる気がします。

 

だって、全然自由がないですからねえ。

 

阿部写真館には、

このような形式ばかりの結婚式を嫌って、

写真だけの結婚式を挙げたい

という人が大勢やってきます。

 

 

 

 

阿部写真館のフォトウェディングは

本当に自由です。

 

 

写真には、ご家族や友人も

一緒に写ることができます。

 

 

もちろん、何人でも料金は変わりません。

 

また、写真はスタジオでも撮れますし、

外に出てロケーションフォトを

撮ることもできます。

 

 

阿部写真館の京都店は1歩外に出れば

そこには祇園の街並みが広がりますから、

それこそ写真映えする風景がいくらでもあります。

 

 

そこを思い思いの衣装を着て歩けば、

それだけで絵になりますから、

素敵な写真を撮ることができます。

 

 

そこには、何の制約もなく堅苦しさもない、

自由な空間が広がっているのです。

 

 

ロケーションフォトは、

お2人の自由な発想で

いろんなシチュエーションでの

撮影が可能です。

 

 

もちろん、スタジオ撮影と同様に、

ご家族や友人が飛び入り参加しても

かまいません。

 

 

このように、阿部写真館のロケーションフォトでは、

結婚式場では絶対に撮ることのできない

お2人だけの写真を撮ることができるのです。

 

 

普通に結婚式を挙げるのが大変だと思ったら、

ぜひ阿部写真館京都祇園会館店にお越しください。

 

 

阿部写真館でお二人らしいフォトウェディングをしませんか?

 

© 2020 京都でフォトウェディング・着物撮影なら阿部写真館 祇園会館店