二の腕、肌荒れもカバー!魅力満点のウェディングフォト

うるおいはお肌に良い。

 

とは言っても梅雨でお部屋がジメジメしちゃうと

快適とはいえません。

 

除湿のためにエアコンを使い始めた

WEB担当のまるです。

 

肌に適した湿度は

60%と言われています。

 

でも、エアコンが効きすぎる部屋では、

隠れ乾燥に陥るキケンあり!

 

この時期は紫外線もかなり強くなっていますから、

お肌のコンディションづくりも

けっこう大変ですね。

 

ウェディングフォトあるあるのひとつは、

結婚式本番の肌荒れトラブルです。

 

いろいろな準備に追われて、

心身共に疲れが出ちゃうこともあります。

 

一生の記念になるウェディングフォト撮影は、

ベストコンディションで写したい!

 

そんな乙女心❤とってもよくわかります。

 

でも、ご安心下さい。

 

万が一、気になるところがあっても、

カバーする方法はありますから♪

 

 

 

 

たとえば肌荒れ。

 

プロのメイクアーティストのテクニックで、

とってもきれいな肌質を作り出します。

 

芸能人の方でも、

素顔を見ると「えっ!?」と思うこと、

あるでしょう?

 

メイクひとつで女性は変身します。

 

でもね、まったく違うお顔にするのではなく、

おひとりおひとりの魅力を引きだし、

見た目もナチュラル!

 

シミ、そばかす、アトピー肌の方も、

美しい仕上がりにうれしくなっちゃう❤

 

安心してプロにお任せください。

 

 

 

 

ただ、乙女の悩みってお肌だけじゃありません。

 

これから気温も上昇して、

お肌の露出部分はどんどん多くなっていきます。

 

ウェディングドレスも

季節に合わせて選びたいもの。

 

初夏のまばゆい陽射しに合いそうなのは?

 

フリルがいっぱいのドレスですと、

プリンセスみたいでかわいいけれど、

ちょっと重い感じがしちゃうかも。

 

スリムですっきりシルエットの

マーメイドラインやAライン、

オフショルダードレスも夏にピッタリ。

 

でも、ボディラインに

ちょっと自信がもてないところがあったりすると、

やっぱり心配になってしまいます。

 

どこの部分が気になりますか?

 

ぷにぷにの二の腕、

肩のライン、バストの大きさ、

細く見せたいウェストなどなど。

 

悩んでしまうのはみんないっしょ。

 

でも、心配はご無用です!

 

気になる部分を上手にカバーすれば、

みんなが見惚れて、ほぅっとため息がるような

美しい花嫁さんになれます。

 

 

 

二の腕が気になるから隠したい!

だから長袖・・・。

 

その気持ち、よ~くわかります。

 

でも、ウェディングドレスの色は白。

 

白って膨張色なんです。

 

ですから、白い面積が大きければ大きいほど、

太く見えてしまいます。

 

意外かもしれませんがビスチェタイプで、

大胆にデコルテや二の腕を出した方が

すっきり見えます。

 

ビスチェとは肩紐がなく、

肩やデコルテなど大胆に見せるデザインです。

 

同じように肩をチラリと見せるデザインとして、

オフショルダーも人気があります。

 

しかし、オフショルダーには袖が付いているので、

まわりの人の目線は、

肩や二の腕に集まりがちです。

 

もし、袖付きの方がお好みでしたら、

七分袖や半袖がおすすめ。

 

二の腕は隠れるけれど

腕の中で一番細い手首は出しましょう。

 

白い部分を少なくするために、

袖部分がレースで透け感のあるものにすれば、

爽やかさもプラスされます。

 

 

また、ビスチェを選ぶ時に、

脇のお肉や背中のお肉が

はみ出ないように気をつけましょう。

 

脇肉防止策としては、

脇の下まで高さがあるビスチェなら

お肉もおさまり安心です。

 

最適なカップのインナーを身に着け、

姿勢も猫背にならないようにします。

 

背中のお肉は、

ドレスの背中のデザインが横一直線ですと

お肉がのってけっこう目立ってしまいます。

 

Vライン、ラウンドライン、

また、ラインに沿ってフリルが付いているドレスなら、

うまく隠してくれるでしょう。

 

また、バックの腰の位置に、

華やかな飾り(大きなリボンなど)をつければ、

視線は飾りに集まります。

 

これなら、背中のお肉に目がいきにくく、

また、横から見るとヒップラインがUPするので、

メリハリがあり、細見え効果も発揮!

 

ご自分の好みのドレスを選びつつ、

美しく見える効果も

存分に楽しんでくださいね。

 

 

 

そして、すべてオールマイティに、

気になる部分を帳消しにしてくれるのは、

和装の婚礼衣装です。

白無垢や色打掛は、

結婚の時以外に着るチャンスはありません。

 

海外の方々からも絶賛される

唯一無二の花嫁衣装です。

 

洋髪との組み合わせで、

華やかさに愛らしさをプラスするのも大人気!

 

空調の効いたスタジオでも、

バラエティに富んだ演出を楽しめますよ。

 

憧れのウェディングドレス、

清純で雅な和装衣装。

 

どちらも捨てがたいですね。

 

阿部写真館のプロスタッフが腕によりをかけて、

世界で最高のウェディングフォトを

プロデュースします!(^^)!

 

 

心配事は遠慮なく相談してくださいね

© 2020 京都でフォトウェディング・着物撮影なら阿部写真館 祇園会館店