和装結婚式でも「サムシングフォー」

信じても損なんて絶対しないのが

結婚式でのジンクスです。

 

海外からのものが多いのですが、

それだけ多くのカップルが幸せになった

証なのですから、やってみたい!

と思ったって不思議ではありません。

 

そもそも幸せなふたりの結婚式なのですから、

「さらに」幸せ要素を足す!ぐらいの

気持ちだとWEB担当の堤は思います。

 

日本でも「験を担ぐ」と言って、

以前に良い結果が出たものは繰り返し行う、

というようなものもあります。

 

これからふたりで人生を歩んでいくからこそ、

さらなる良い門出を望んで

結婚式のジンクスを試してみませんか。

 

結婚式のジンクスですでに日本でも有名なのは、

「サムシングフォー」ではないでしょうか。

 

マザーグースの詞から取り入れられた

サムシングフォーは、

身に着けて結婚式にのぞめば、

幸せになれると信じられています。

花嫁を彩るサムシングフォーは、

基本的にはウェディングドレス、洋装ウェディングで

取り入れられることがほとんどです。

 

でもちょっと待ってください!

幸せになるのに洋装とか和装とか関係ありませんよね。

 

だからこそ!今回は和装結婚式での

サムシングフォーの取り入れ方を

考えてみたいと思います。

 

・サムシングオールド

親しい人から譲り受けたものを

みにつけるのがサムシングオールド。

 

ほとんどがお母さん、おばあさんから

譲り受けるようです。

 

和装で「譲り受けられるもの」と言えば、

白無垢などはどうでしょう。

 

自分が着た花嫁衣裳を娘や孫が

着てくれるのはとても嬉しいことでしょう。

 

もちろん、そういった着物がない場合も

ありますよね。

 

その場合には「かんざし」などもおすすめです。

または、上品な真珠の指輪なども

和装を邪魔することなくサムシングオールド

と言えると思います。

 

・サムシングニュー

新しいものを着用するのが

サムシングニュー。

 

このため、欧米ではドレスやシューズである

ことがほとんどのようです。

 

和装だったら…

白無垢や色打掛、掛下などは購入するとなると

ちょっと金額的に厳しいかな?

と思うことも。

 

であれば、和装スタイルの「小物」を

狙ってみましょう。

 

まずは「草履と足袋」。

これはもうピカピカの新品が合いますね。

 

または、「懐剣・末広・筥迫」の3点セットも

記念となりそうです。

 

洋髪でのヘアスタイルならば、

綿帽子の変わりに真新しいレースの

ベールもいいですよね。

 

・サムシングボロー

周囲の幸せな結婚をした人に何かひとつ借りて

身に着けるのがサムシングボロー。

 

和装結婚式は、ジュエリーなどはあまりしないので、

「借りる」のがなかなか難しい。

 

そんな時は一番手軽に身に付けれられる

「ハンカチ」などおすすめです。

 

また、借りるお相手も和装結婚式ならば

「髪飾り」などもいいのではないでしょうか。

 

 

・サムシングブルー

「何か青いもの」を身に着けて

サムシングフォーは完了です。

 

和装結婚式では、色打掛や引き振袖に青系の

ものはどうでしょうか。

 

金地や赤系、暖色系が多いかと思われる

結婚式の着物ですが、そんなことはありません。

 

通常の青色から、パステルカラー系、水色や

群青色など青を基調とした

色打掛、引き振袖はたくさんあります。

 

レンタルでの花嫁衣裳をお考えの場合は、

青系統の着物も試着してみてください。

 

白無垢ならば、伊達衿や帯締め・帯揚げなどに

青系色をもってきても引き立ちます。

 

差し色を「青」にするだけで

サムシングブルーは完成です。

 

今年のジューンブライドの時期が

間もなく終わりますが、

サムシングフォーは1年中

信じてみて損はないジンクスです。

 

特に、京都が暑くなってくるこの時期、

目立つところに「サムシングブルー」を

もってくるととても涼やかだと思います。

 

 

ジンクスを込めた和装衣装姿を

残しておきたい時は、

阿部写真館 祇園会館店へ

ご相談ください。

 

多くのカップルの方の幸せな姿を

フォトウェディングで残して欲しい、

と願っております。

☆和装結婚式を記念として残すにはフォトウェディングで☆

 

© 2020 京都でフォトウェディング・着物撮影なら阿部写真館 祇園会館店