フォトウェディングでの和装・洋装のおすすめポイント

投稿日:

皆さんこんにちわ、カメラマンのくるさんです。

最近はだいぶん涼しくなってきましたね。

今年の夏は例年と比べると短かったなと感じました。

秋の始まりを体感しますね。

夜も涼しくなり、自転車通勤での帰りは心地よい風が出てきました。

でも、台風も多くなってくる時期になるので雨がやだなぁといった感じですね。

 

四季の中では、春に次いで秋が好きなくるさんは今からわくわくしますね!

秋服から冬服に切り替わる時期なんかは服装を考える時間も楽しいです。

服装は秋服が一番好きですね。

 

秋になるとロケーション撮影のご注文が多くなってきます。

紅葉の時期なんかはたくさんの撮影があり大変人気です。

和装でロケーション撮影をするのと、洋装でロケーション撮影をするのとでは雰囲気がガラリと変わりますね。

フォトウェディングのご撮影をお考えの方は衣裳のイメージはありますか?

 

洋装と和装ではイメージが全然変わるので撮影したい内容によって変えてみるのも良いかもですね。

でもそもそも、洋装と和装ではどちらが人気なの?といった疑問も出てくるかもしれません。

阿部写真館では、大阪店と京都店がありますが、京都店は圧倒的に和装での撮影が人気です。

やはり、古都「京都」のイメージは皆さん和装のイメージなのでしょうね。

洋装のお客様もいらっしゃいますが、やはり京都の街並みの中を洋装で

ロケーション撮影をするよりかは和装でのロケーション撮影をご希望のお客様が多いです。

 

逆に、大阪の中央公会堂のような洋館で撮影するお客様はやはり洋装が多いですね。

こうしたように、それぞれのイメージに合わせて、写真を撮るロケーション場所も考えてみるのも良いかもしれません。

場所メインで考えるのか、衣裳メインで考えるのか…それだけで選択肢はひとつ決まりましたね!

 

ではそれぞれの衣裳での撮影場所はどのような場所が良いのか?どのようなテイストでの撮影が良いのか?を経験上でのおススメをあげさせてもらいます。

少し個人的な意見も混じるかと思いますがそこは参考程度に。。。

 

◆和装編◆

和装での撮影はやはり古き良き時代のイメージを彷彿とさせる場所が多いですね。

京都では巽橋や八坂の塔の前、祇園の花見小路なんかも人気です。

京都での撮影は「和」をテーマにされるお客様が多いので、必然的に割合は和装が中心になってきます。

 

大阪での撮影では、大阪城公園や旧藤田亭なんかでの撮影が人気です。

こちらも、「和」!!!といったイメージでしょうか。

 

和装での撮影は普段なかなか着ることが少ない和服になるので、新鮮な気持ちで撮影に挑めますね。

実際に和装をした新郎新婦さまにお話を伺うと、

「夏祭りのために浴衣を着るとか、旅館で着るとかぐらいかなぁ~」

といった意見をよく聞きます。

 

普段着ないからこそ、記念に一枚撮ってみてはいかがでしょうか?

阿部写真館ではオリジナルの白無垢衣裳もあるので気になった方は是非試着してみてください。

 

 

◆洋装編◆

洋装では中央公会堂やマーブルビーチ、あとは阿部写真館大阪店の目の前にある靭公園が大人気です。

中公会堂以外は和装での撮影も断然人気ですが、やはり洋装姿での撮影希望のお客様が多いですね。

洋装での撮影となると和装よりも動きやすくもなり、キッチリカッチリといった、フォーマル写真はもちろんですが、アクティブなポージングにもチャレンジできますね♪

ジャンプしてみたり、お姫様抱っこしてみたり…。

カジュアルなテイストを楽しみやすかったりするのも洋装での良いポイントになりますね。

よく映画やドラマで見るようなお姫様のように着飾ることができますね。

女性なら一度はドレス姿に憧れたことがあるのではないでしょうか?

お客様に尋ねると

「やっぱりドレスは着たかった」

「白いウェディングドレスは憧れだった」

といったお声をよく聞きますね。

 

ご来館されたときに衣裳選びの時はみなさん表情がイキイキとして目がキラキラ輝いていると衣裳合わせに立ち会ったスタッフはよく言ってます。

撮影をするときも、緊張の中にそういった表情が垣間見えた時は、可愛く・綺麗に撮影をして喜んでもらおうと頑張ります。

晴れ着ですもんね、みなさん楽しまれています。

 

 

スタジオ目の前にある靭公園は徒歩1分で、四季折々の背景を楽しませてくれます。

春には桜、秋には紅葉と人気スポットで、夏なんかも森のイメージでの撮影もできますね。

休日での撮影だと公園に来ている人たちからの注目度も抜群で、「おめでとうございます」といったお声がけをいただいたりもします。

 

もちろん、和装も洋装もスタジオ内での撮影は人気です。

お気に入りの小物を持ち込んで撮影してみるのも大歓迎です。

ご家族やご友人の手作りのブーケをお持ち込みされたり、習字を使ったフォトアイテムで抱負を表現してみたり、ケーキ入刀のようなセレモニー風なことをしたいと、ケーキをお持ち込みされた方もいらっしゃいました。

結婚式をされないお客様が、結婚式風のセレモニー的な写真を撮りたいといったご要望も過去にはたくさんあります。

自分だけのオリジナルの写真を残してみるのはいかがでしょうか?

 

阿部写真館ではお二人のご希望を出来るだけ叶えられるように撮影をさせていただきます。

洋装・和装での衣裳の選択を悩まれている方、衣裳のイメージは決まっているけれどどのように撮影しようかな?と悩まれている方、皆様とお話をして一緒に記念の写真を撮影していきましょう。

ご来館を心からお待ちしておりますので、お気軽にお問合せくださいませ。

 

Copyright© 京都でフォトウェディング・着物撮影なら阿部写真館 祇園会館店 , 2020 All Rights Reserved.