フォトウェディングで人気の和装スタイルの種類とは?

投稿日:

 

 

こんにちは。

Web担当の明石です。

 

フォトウェディングでは、

和装スタイルが人気です。

 

ひと言で和装といっても、

いくつかの種類があります。

 

女性の代表的な和装は、

次の5種類。

 

・白無垢

・色打掛

・引き振袖

・振袖

・新和装

 

一つずつみていきましょう。

 

「白無垢」は、

すべて白で統一した婚礼衣装で、

もっとも格式の高い正礼装です。

 

白無垢の歴史は古く、

もともとは、

鎌倉時代と室町時代の

武家や豪商の

花嫁衣装として始まりました。

 

その時代の女性は、

外出時に着物を

塵よけとしてかぶっていました。

 

その名残として、

今でも白無垢のときは

綿帽子をかぶります。

 

 

白無垢は、

生地・刺しゅう・打掛から掛下・帯・小物まで、

全てが白で統一された着物です。

 

白一色ですが、

生地の色も少しずつ違いがあり、

よく見ると1着ずつ

しっかりと柄があります。

 

「嫁ぎ先の家風に染まる」

という意味や、

「邪気をはらい神聖な儀式に臨む」

という意味を持ちます。

 

 

花嫁の清らかさを

象徴する衣装として、

婚礼和装の代表格です。

 

 

 

 

「色打掛」は、

色や柄のバリエーションが豊富で、

華やかな着物。

 

室町時代末期から

江戸時代にかけて、

着物の上に羽織ったものが

この「色打掛」で、

武家の女性の正装とされていました。

 

織りや刺しゅう、

染めが華やかで

豪華な色打掛は、

その後

裕福な町人にも

広がっていきます。

 

白無垢以外の打掛は、

全て色打掛と呼ばれています。

 

色打掛も白無垢と同格の正礼装で、

以前は主に

お色直しで着られていましたが、

現在は

挙式の際にはじめから色打掛を着る

ケースも増えています。

 

 

「引き振袖」は、

お引きずりとも呼ばれ、

裾を引きずって着る振袖です。

 

江戸時代後期か

ら着られるようになった着物で、

のちに武家の間では

正式な婚礼衣装になりました。

 

足を絡めないよう、

裾のヘリ部分に綿を入れて

ふっくらと仕上げているのも特徴。

 

打掛に比べて、

軽くて動きやすいです。

 

裏地にも美しく染められた

草花模様が描かれ、

美しい立ち姿を演出できます。

 

色のバリエーションは豊富ですが、

中でも黒の引き振袖が人気。

 

婚礼の際は、

角隠しをつけます。

 

 

 

「振袖」は、

成人式でもおなじみの着物で、

未婚女性の慶事用の礼装です。

 

結婚式が振袖を着る

最後の機会ということや、

打掛や引き振袖よりも動きやすい

という点で人気があります。

 

 

成人式のときにあつらえた振袖を、

婚礼用として着る場合は、

帯の生地や結び方を豪華にしたり、

小物で調整します。

 

 

「新和装」は、

洋風の装飾や素材を

打掛に取り入れた

新しいスタイルです。

 

着物とドレスをミックスさせた

おしゃれ感度の高い和装。

 

着物に比べて、

素材自体が軽く、

ふんわりと軽やかに仕上げられているため、

特に夏の挙式に人気です。

 

 

女性の和装は

以上の5種類のスタイル

から選べます。

 

 

 

男性の和装は

「黒五つ紋付き羽織袴」と

「色紋付き羽織袴」

の2種類です。

 

 

 

 

黒五つ紋付き羽織袴は、

明治時代に決められた

男性の正装。

 

黒色の袴は

「何にも染まらない」

という意味があります。

 

黒の羽二重に、

背中・両胸・両袖の5か所に

白く染め抜きした家紋が入ります。

 

合わせる袴は、

「精好仙台平」

と呼ばれる縞模様です。

 

 

長着は羽織と同じ素材で、

小物類も白一色に

統一するのが決まりとなっています。

 

 

新婦が白無垢の場合には、

新郎は黒五つ紋付き羽織袴にすると

とてもカッコよく決まります!

 

 

「色紋付き羽織袴」は、

略式の礼装です。

 

カジュアルな雰囲気になりますが、

白や青、緑など

新郎の雰囲気に合った

色を選べる点で人気です。

 

 

新婦が華やかな色打掛の場合には、

色紋付き羽織袴がおすすめです。

 

二人の色のトーンが合わせやすく、

二人らしいコーディネイトを

楽しむことができます。

 

 

人気の和装スタイルを

ご紹介しました。

 

和装スタイルの

フォトウェディングはとても人気です。

 

どんなスタイルにするか迷ったら、

経験豊富な阿部写真館のスタッフに

是非ご相談くださいね。

 

 

質問はご遠慮なく、どんどんして下さい!

Copyright© 京都でフォトウェディング・着物撮影なら阿部写真館 祇園会館店 , 2020 All Rights Reserved.