大人婚のおふたりには京都のフォトウェディングがおすすめ

 

「晩婚」など言われている

(ちなみに「晩産」もあります)

昨今のブライダル界隈ですが、

何だかそれが良くないことのような

響きがありませんか?

 

「年齢的に」遅いことが刷り込まれて、

何かいけないことのような…。

 

「大器晩成」だってあるし、

気を取り直して!と思っても、

やはりイメージは拭い去れません。

 

「晩」がいけないんじゃないかな?

とWEB担当堤が思っていたら、

やはりありました。

 

晩婚なんてやめ!「大人婚」ですよね。

 

確かに初婚年齢は男女共にちょうど

30歳前後となっています。

 

社会経験や人生経験を積んだカップルが、

自然な形で結婚に至る、

まさに大人同士の結婚です。

 

30代に入るまでに、様々な「お呼ばれ」を経験し、

結婚式って

披露宴って

自分だったらこうしたい

という「意思」を持っていることも多いでしょう。

 

「ナシ婚」という選択肢もありつつ、

結婚式をした方がいいのではないか

と考える年代でもあるようです。

 

これまでの人生の中でたくさんの人に

「お世話になった」実感があり、

感謝したい「親」「家族」「友人・同僚」「上司・先輩」

もたくさんいることでしょう。

 

だからこそ、迷うのかもしれませんね。

 

・きちんとお祝いの場を設けた方がいいのでは

・スタンダードな結婚式はちょっと…

・新郎新婦のための式だけにはしたくない

・できれば落ち着いた感じが良い

 

通常の結婚式や式場で対応が可能かどうか、

プランがたくさんある中でわざわざ「落ち着き」を

求めるのもどうか、

「落ち着いたふたりです」とアピールするのも…、

色々気遣いができるのも「大人婚」だからでしょうか。

 

30代が結婚するカップルの主流になっているからこそ、

大人婚だからこそできる結婚式が

選べるようになっています。

 

・挙式のみで家族と会食を

・披露宴は挨拶や余興を控えめにして歓談を多く

・挙式と旅行を先に行い、1.5次会でお披露目と挨拶

・親との旅行も兼ねて旅先ウェディング

 

経済的余裕や社会的地位があったとしても、

どこへ力を注いで感謝やお披露目をするかを判断して

予算を使用するのも人生経験があるからでしょう。

 

結婚式のスタイルとして選ばれているのが

フォトウェディング。

 

「自分たちなり」の結婚式を選択できる、

と大人カップルの方にも人気があります。

 

・はっきりとした目的に予算を使う

「誰のための」結婚式なのか、お披露目なのか、

目的にあわせてフォトウェディングは

内容を変化させることができます。

 

祖父母や両親に結婚写真を見せたい場合には、

「正統派の結婚写真」を撮影しつつ

ふたりだけの希望内容も撮影できます。

 

神前式など実際の結婚式同様に行えますし、

ご家族を招待しての撮影も可能です。

 

結婚式、結婚写真だけにとらわれずに、

希望や目的で撮影内容を相談できます。

 

・衣装はあきらめたくない

大人婚だからと言って、「婚礼衣装」は

納得したものを選びたいもの。

 

豪華な和装婚礼衣装に憧れがあったとしても、

ロマンティックなウェディングドレスを

着てみたかったとしても、

まずは「試して」みないとわかりません。

 

大人だからといってモダンで落ち着いた

衣装にしなくてもいいかもしれません。

 

とにかく見学や相談、試着会に行くのが一番。

 

和装や洋装、両方できてたくさんのショットが

撮影できるのもフォトウェディングの

メリットでしょう。

 

ふたりだけでなく、家族とも撮影ができて、

和装も洋装も選ぶことができ、

できれば記念の旅行も兼ねて、

フォトウェディングを京都の地で

執り行うことができます。

 

阿部写真館の祇園会館店は、

祇園会館の中にあるスタジオだけでなく、

祇園や京都の名所でロケーション撮影を

することができます。

 

ふたりの、ご家族の新しいスタートの思い出として、

きちんと感謝を伝える場として、

阿部写真館のフォトウェディングをご利用ください。

☆京都や祇園ならではの大人婚フォトウェディングはお任せください☆

 

© 2020 京都でフォトウェディング・着物撮影なら阿部写真館 祇園会館店