スタッフブログ

盲点だった!フォトウェディングで確認すべき注意点10選

阿部写真館の新人で勉強中のスタッフです。

今回は、勉強中の私がフォトウェディングに必要なものを調べました。

一生に一度の思い出が残したい!

事前の準備をしっかりと行い、
素敵なフォトウェディングができますように。

プランについて
①小物・アクセサリー、ブーケなどの撮影用小物はプランに含まれている?
②撮影時間・撮影カットはどのくらいか
③ヘアセットメイクは含まれている?(新郎も要確認)
衣装によってヘアチェンジは可能?
④土日祝日料金はどのくらいか
⑤自分たちで写真は選べる?
衣装について
⑥衣装によってランクはあるのか?
⑦アクセサリーやメイク道具の持ち込みは可能か?
他の化粧品で肌荒れしやすい人は特に要確認
⑧ドレスや和装用の下着はどこまで自分で準備するのか?
撮影について
⑨撮影したいポーズやシーンは可能か?
⑩当日雨だった場合は?
準備を整えて素晴らしいフォトウェディングを

プランについて

プランに含まれている写真商品はもちろん
撮影に必要なものはどのくらい含まれているのかチェックしましょう!

①小物・アクセサリー、ブーケなどの撮影用小物はプランに含まれている?

フォントウェディングの料金は、数万円~20万円くらいかかります。

一番安いものを選んでも、1万円を超えるので気になることが多いでしょう。

中でも小物・アクセサリー、ブーケなどの撮影用小物はプランに含まれているのか
が気になるところ。

ご安心ください。撮影小物の料金は、基本はプラン料金に含まれています。

どの撮影スタジオでも、いろいろな撮影小物を用意しているとのこと。

もちろん、阿部写真館でも撮影小物を無料で用意することが可能です。

②撮影時間・撮影カットはどのくらいか

撮影所要時間を、しっかり確認しておきましょう。

当日は、思ったよりも時間が過ぎるのが早いです。

特に、ロケ撮影の場合は移動時間のことも考えなくてはいけません。

そのため、スタジオ撮影よりも時間がかかってしまいます。

ロケ撮影でも、自分が希望するカットで撮ることができるよう、
事前にスタッフさんに相談しましょう。

ロケ地の周る順番・希望するカットを細かく確認した方がよさそうですね。

何かあったときのために、
撮影時間を延長することができるかも確認すると安心できるでしょう。

③ヘアセットメイクは含まれている?(新郎も要確認)

素敵な写真を撮影するためには、ヘアメイクも欠かせませんね。

大事な記念のフォトウェディングですので、プロに任せたいところ。

撮影スタジオでは、
ヘアメイクアップアーティストさんの作品をサイトに公開している場合も。

それを事前にチェックしておきましょう。

もし、ヘアメイクが指定できるのであれば、
自分好みのものを選ぶことができるのかも確認しておくといいですね。

自分の希望を上手に伝えるためにも、
ヘアメイクの写真を集めて具体的な意見を伝えるとよさそうです。

好きなモデルさんや女優さんを参考にされる方もいるとのこと。

理想のフォトウェディングのためにも、気軽に相談をすると安心できそうです。

ヘアメイクというと、新婦だけのものとイメージする方も多そう。

しかし、実際は新郎がヘアメイクをするのもアリなんですよ。

新郎もメイクをすることで、清潔感を表すことができます。

日ごろの仕事のために疲れている状態で撮影に挑むよりも、
メイクで顔を整えて撮影に臨むと良さそうです。

また、顔色がよく見えるだけでなく、ニキビや髭剃り後もカバーできますよ。

ヘアメイクで、新郎新婦共に緊張がほぐれるかもしれませんね。

衣装によってヘアチェンジは可能?

フォトウェディングでは、ドレスと着物の両方を着て撮影に挑むことができます。

もちろん、衣装ごとにヘアチェンジも可能ですよ。

ただし、追加でヘアチェンジ料がかかるので、そこは注意しておきましょう。

ドレスに合った髪型、着物に合った髪型で撮影をすることができます。

フォトウェディングのためにと、髪を長くされる方もいるかと。

もちろん、ロングヘアをきれいに飾ることは可能です。

ショートヘアは、花嫁っぽくないと誤解されるかもしれません。

ご安心ください。ショートヘアの方も問題ないとのこと。

ヘアメイクアップアーティストさんが、美しい髪型に変化させてくれるでしょう。

気になる方は、自身の髪型について相談してみるといいでしょう。

せっかくのフォトウェディングですので、思い切って華やかな髪形を楽しみたいですね。

④土日祝日料金はどのくらいか

仕事の関係で、土日祝日に撮影したい新郎新婦さんも多いのでは。

絶対に、この日に撮影したいという日が土日祝日の場合も。

そこで、気になるのが土日祝日の追加料金。

実際、土日祝日料金がかかるスタジオも少なくありません。

しかし、中には土日祝日料金がかからないスタジオもあるとのこと。

追加料金のあるなしで、スタジオを判断することはできません。

しかし、スタジオを選ぶ判断材料になりそうですね。

⑤自分たちで写真は選べる?

どのように撮影するかを、自分たちで選べるかを確認した方がいいでしょう。

せっかく、奇麗にメイクをしても天気が良くても、
必ずしも自分好みの写真になるとは限らないからです。

撮影した写真は、現像作業を行います。

現像作業は、カメラマンによって写真の仕上がりが大きく変化するとのこと。

同じ表情や同じ背景でも、イメージが変わるかもしれません。

自分好みの写真を撮影してくれるかどうか、しっかりと調べるべきでしょう。

現在は、SNSをアップしているカメラマンさんもいます。

なので、手軽に理想の写真を選ぶことができそうですね。

自分がしたいことをきちんと伝えて必要であれば
どのくらいの追加料金が発生するのかを把握しておきましょう!

素敵な写真を撮影するために、前もって調べると後で後悔せずに済みそうです。

衣装について

フォトウェディングに必須なのが、華やかな衣装ですね。

ある程度は撮影スタジオで用意はされますが、衣装にはどのようなものがあるのでしょうか。

また、自分ではどこまで用意すればいいのでしょうか。

⑥衣装によってランクはあるのか?

花嫁衣装にもランクがあるとのことです。

もちろん、衣装はランクアップをすることが可能です。

追加料金がかかったり、かからなかったりするそう。

撮影スタジオによって変わるので、きちんと調べることをおすすめします。

衣装のランクアップにはドレスをイメージするかもしれませんが、
ベールのような小物もランクアップできるとのことですよ。

⑦アクセサリーやメイク道具の持ち込みは可能か?

用意されるアクセサリーが、
希望のものと一致しない場合は自分で用意すると良さそうです。

ただし、撮影スタジオによっては持ち込み不可だったり、
持ち込み料金がかかることも。

ですので、自前のアクセサリーをよういしたいのであれば、
スタッフさんときちんと相談をするといいでしょう。

他の化粧品で肌荒れしやすい人は特に要確認

アクセサリーと同じく、メイク道具を持ち込むことは可能です。

メイク道具はいろんな方が触れるものです。

なので、衛生面が気になるところ。

そのため、自前のメイク道具を用意される方は多いとのことですよ。

好きな色がないときも、自分のメイク道具を持参するといいでしょう。

中には、自分でメイクをされる方もいるそう。

他の化粧品で肌荒れしやすい方は特に確認が大事です。

肌が敏感だったり、アレルギーがある方は必ず自分用のメイク道具を準備しましょう。

メイク道具の持ち込みのとき、追加料金がかかるかどうかも確認すると安心できますね。

⑧ドレスや和装用の下着はどこまで自分で準備するのか?

撮影スタジオ側で、ドレスや和装は用意してくれますが、
下着は自分で用意する必要があります。

下着は、ドレスと和装では違うものを用意しましょう。

ドレスは「ブライダルインナー」という下着があるそうです。

ドレスを決めてから用意すると良いとのこと。

ブライダルインナーは、以下のものがあります。

  • ビスチェ
  • ガードル
  • ウェストニッパー
  • フレアパンツ・ペチコート
  • ストッキング

ブライダルインナー切るのが普通ですが、
中には「ストラップレス」などの下着で代用される花嫁さんもいるそうですよ。

ドレスによっては、ブライダルインナーが合わないことがあるからだそう。

和装は以下のものを用意するといいでしょう。

  • 肌襦袢
  • 裾よけ
  • 白足袋
  • 帯板
  • タオル(手ぬぐい)

和装は、ブラジャーなしでも着ることができます。

ただ、ブラジャーがないときになる方も。

そのような場合は「和装用のブラジャー」も視野に入れるといいかもしれませんね。

撮影について

フォトウェディングでは、どのように撮影したいかを決めるのも大事なことです。

また、ロケ撮影でしたら、天候のことも気にしないといけません。

⑨撮影したいポーズやシーンは可能か?

フォトウェディングのためには、やはりポーズをきちんと決めなくてはいけませんね。

特に、ロケ撮影ですと移動時間もありますので。

事前の打ち合わせがかなり大切な部分です。

こんな写真が撮りたい!というイメージカットも準備しておくといいかもしれません。

自分の理想をしっかりと伝えることで、
カメラマンさんも撮影のために機材を準備することができます。

ポーズ1つ取っても、カメラマンさんとのコミュニケーションは大事なんですね。

⑩当日雨だった場合は?

ロケ撮影当日が、雨だった場合が気になりますよね。

撮影する場所によっては、1か月以上先に予定を入れなくてはいけないことも。

そのため、当日が晴れなのか雨なのか予測することは不可能です。

撮影予定日と呼び日をしっかりと決めた方がよさそうですね。

雨の場合は、撮影スタジオによって対応が変わって来るとのこと。

基本は、日程を変更して撮影するところが多いでしょう。

撮影日をずらす場合、キャンセル料はかかりません。

ただ、前撮り用の衣装は一点物が多いです。

そのため、延期日に別の方がレンタルしている可能性も。

衣装が変わると、ヘアースタイルも変えなくてはなりません。

晴れの日用・雨の日用とヘアースタイルを考えるのも良さそうですね。

ロケ地が遠い場合は、振替をする可能性も。

写真撮影には、敬遠されがちな雨の日ですが、雨の日も悪くないとのことですよ。

晴れの日では出せない雨ならではの演出もできます。

移動途中に虹が出れば、虹をバックに撮影ができそうですね。

準備を整えて素晴らしいフォトウェディングを

事前の準備は、自宅でWEB相談が可能です。

撮影日当日、新郎新婦さんが安心できるように、
担当スタッフがお客さんのサポートをさせていただきます。

どのような衣装で、どのようなポーズで撮影したいのかも気軽に相談できますよ。

撮影料、衣装、ヘアメイクなど撮影に必要なものもすべてそろっています。

さらに、150cut保障のお得な全データ付きです。

また、ロケ撮影でのキャンピングカー移動は、阿部写真館で手配します。

少しでも気になった方は、気軽にご相談を。

結婚写真フォトウェディング 無料相談・お問い合わせ

© 2022 結婚写真 旅するフォトウェディング